nakochi’s log

freeeのエンジニア。たまにモデル。

All in pasta 完全栄養食を食べてみた。

〈「栄養ホールドプレス製法」により、1食で1日に必要な栄養素の3分の1を〉をメッセージに掲げながら販売されている「All-in PASTA」(オールインパスタ)シリーズを食べる機会があったのでレポートです。

珍しくグルメな投稿。

完全食とは

完全食(かんぜんしょく)とは、健康を維持するために必要な栄養をすべて含んだ食品、あるいは食事である。

wikipediaより。

「All-in PASTA」(オールインパスタ)シリーズ

1日に必要な栄養素全ての3分の1を1食で摂取できる商品設計。

『完全栄養食「AllinPASTA」』は厚生労働省の「日本人に必要な食事摂取基準(2015年版)」の「30~49歳男性の推奨量/目安量」をもとに、1日に必要なビタミン・ミネラルの3分の1の量を配合したパスタ。麺は特許申請中の独自技術「栄養ホールドプレス製法」により、各種栄養素を麺の内側に包み込んだ。通常のパスタ(乾麺)と比較して、糖質30%オフ。1食でタンパク質24g、食物繊維8.6g、ビタミン13種類、ミネラル13種類を摂取できる。袋麺、カップ麺タイプがあり、カップ麺タイプの1食あたりの塩分は2g台に抑えた。袋麺、カップ麺とも麺は同じもので、袋麺はゆで時間4分、カップ麺は湯戻し時間6分。

開発背景

問題点

厚生労働省の平成29年国民健康・栄養調査によると、脂質を除き、必要な栄養の摂取量は減少傾向にある。特に、ビタミン、ミネラルの宝庫である野菜類の摂取量は、40代以下で慢性的に足りない状態。栄養失調までは行かないが、バランスはとれていない。

ペルソナ

メインの購買層としては30~40代のビジネスパーソンを想定しているとのことなので、カップラーメンなどをすすって現代の栄養失調に陥りがちな人が対象のようです。カップラーメンの味で栄養素が高いとくれば期待値は高まりますね!

実際に「All-in PASTA」を食べてみた

ジェノベーゼ味。

パッケージは結構かわいい。この一食で栄養全部取れるみたい。

で、お湯入れて6分待って完成。

「All-in PASTA」の味は?

食べられなくはないけど、普段の生活でお金を払ってまで食べたくない。完全食COMPとは違ってご飯ご飯な見た目をしているので、脳内でうまみをもとめてしまって全然食が進まなかった。ソースがもっと美味しかったらいいなと思う。

体にいいものはおいしくない、体に悪いものほどうまい理論でいけば、至極まっとうな味だった。

被災地とかで食べるのとかならよさそう。保存食化みたいのしてくれたら嬉しい。

麺だけ栄養素たっぷりにしてカスタマイズしたいなとおもっていたら、公式HPにありました。

All in pasta(麺のみ)が売っていた!!!
All in pasta(麺のみ)

売ってるじゃん!!!!!!!!

ちょっと試してみるか悩みますね。

www.allinseries.jp