nakochi’s log

freeeのエンジニア。たまにモデル。

アプリケーションビルダー過去問

この記事をシェアする

自分用のまとめ。

表形式、要約形式、またはマトリックス形式の報告書を結合報告書に変換することに関する真の意味はなんですか?

クロスフィルタは結合レポートではサポートされていません。

連結レポートではバケットフィールドはサポートされていません。

フィルタを表示する行は結合レポートではサポートされていません。

アプリビルダーはsalesforce1モバイルアプリの最後のナビゲーションメニュー項目としてグループを表示したいと考えています。しかし、アプリビルダーはドロップダウンメニューの項目の一つとしてグループを選択することができません。

グループは、ナビゲーションメニューの選択リストに含まれていません。

キャンペーンのメンバーになれるオブジェクトは?

リード、連絡先

外部IDフィールドについて

フィールドにはsalesforceの外部システムからの一意のレコードIDが含まれています。

大文字と小文字を区別する、もしくは大文字と小文字を区別しない値に基づいてフィールドを一意にすることができる。

リードの変換について

システムは標準のリード項目を標準の取引先項目、連絡先項目、及び商談項目に自動的にマッピングします。

管理者は検証ルールとトリガーを強制するかどうかを選択できます。

リードの最新のキャンペーンレコードは商談の「主キャンペーンソース」フィールドに自動的に適用されます。(「取引を開始したリードと紐づいているキャンペーンのうち、紐づいた日時が最新のキャンペーン」がセットされるようになっています。)

Salesforceで、商談の主キャンペーンソース項目をうまく指定する方法 | BLOG | シナジーマーケティング株式会社 SynergyMarketing

リードの割り当て

Salesforce で、リードを割り当てるルールが設定されていない場合、リードの作成者が所有者となります。Web フォームやその他の自動プロセスによって作成されたリードは、そのプロセスを設定した管理者が所有することになります。リードの所有者は、手動で別の Salesforce ユーザまたはキューに変更できます

より効率的なのは、関与している業種や、関心を持っている商品の種類などの条件に基づいて、リードを適切な所有者に割り当てるように Salesforce を設定することです。

リードの割り当てルールを会社に設定する前に、既存のビジネスプロセスを慎重に見直して、リードをどのように割り当てるかを決定する必要があります。プロセスに基づいてリードを割り当てた後で、他のどのルールにもあてはまらないリードを分類するための汎用割り当てルールも必ず作成しましょう。

アンマネージパッケージ(未管理パッケージ)を使用する際の主な考慮事項はなんですか?

管理されていないパッケージを作成するために名前空間は必要ない

管理対象外パッケージを作成した人は、インストールされているコンポーネントを管理できません。

パッケージとは

未管理パッケージ

未管理パッケージは、通常、開発者にアプリケーションの基本ビルディングブロックを提供するために、オープンソースプロジェクトまたはアプリケーションテンプレートを配布する場合に使用します。未管理パッケージからコンポーネントがインストールされると、コンポーネントはインストールされた組織で編集できるようになります。未管理パッケージを作成してアップロードした開発者は、インストールされたコンポーネントを制御できず、これらのコンポーネントを変更またはアップグレードできません。Sandbox から本番組織へのコンポーネントの移行に未管理パッケージを使用しないでください。代わりに、変更セットを使用してください。 パッケージのアップロードに使用した組織がまだ存在する場合にのみ、管理パッケージをインストールすることをお勧めします。この組織が削除されている場合、管理パッケージはインストールできません。

管理パッケージ

管理パッケージは通常、アプリケーションをカスタマーに配布、販売するために Salesforce パートナーが使用します。これらのパッケージは、Developer Edition 組織で作成される必要があります。AppExchange およびライセンス管理アプリケーション (LMA) を使用して、開発者はユーザベースのライセンスをアプリケーションに対して販売および管理できます。また、管理パッケージは完全にアップグレード可能です。シームレスなアップグレードを実現するために、オブジェクトまたは項目の削除などの特定の破壊的な変更は実行できません。

メリット

  • Apex の知的財産の保護
  • API アクセスが可能なコンポーネントの組み込みのバージョン管理サポート
  • 前のバージョンを分岐およびパッチする機能
  • 登録者へのパッチ更新のシームレスな転送を行う機能
  • インストールで競合が発生しないようにすべてのコンポーネントに一意の名前を指定

コンポーネント

コンポーネントは、パッケージの 1 つの構成要素です。コンポーネントでは、カスタムオブジェクトまたはカスタム項目などのアイテムを定義します。コンポーネントをパッケージにまとめて、強力な機能またはアプリケーションを作成できます。未管理パッケージでは、コンポーネントをアップグレードすることはできません。管理パッケージでは、一部のコンポーネントのみをアップグレードできます

属性

属性とは、メールテンプレート名、またはカスタムオブジェクトの [レポートを許可] チェックボックスなどのコンポーネントの項目です。未管理パッケージまたは管理パッケージのいずれかのアップグレード不可能なコンポーネントで、開発者 (パッケージを作成したユーザ) および登録者 (パッケージをインストールしたユーザ) はどちらも属性を編集できます。管理パッケージのアップグレード可能なコンポーネントの場合、開発者が編集できる属性、契約ユーザが編集できる属性、ロックされている属性があり、開発者および契約ユーザの両方で属性を編集することはできません。

パッケージは 1 つ以上の Salesforce コンポーネントで構成され、コンポーネントは 1 つ以上の属性で構成されています。コンポーネントおよびそれらの属性の動作は管理パッケージと未管理パッケージでは異なります。

salesforce
salesforce