nakochi’s log

freeeのエンジニア。たまにモデル。

salesforceアドミニストレーター対策【共有設定】

共有設定で頭がこんがらがる人が多いのではないでしょうか。

私はしっかりこんがらがっています。

ただ、テストにたくさん出てきそうな予感がするのでまとめておきます。無駄になりませんように。

組織の共有設定

組織の共有設定は、一言で言えば「どのユーザも持つデフォルトの権利」です。

この設定がベースとなっていくので、見られる情報が最も少ない社員を想定して、このベースを作っていきます。

ロール階層

「例外的にアクセス権を付与する」ルール。

ロール階層とは、社内での階層を、そっくりそのままシステム上につくり、その階層に応じた範囲の情報にアクセスできるようにするもの

共有ルール

役職を飛び越えて、プロジェクトチームなどの「チーム」として動くときの「例外的にアクセス権を付与する」ルールです。

個人としてではなく、チームとして活動しているときに必要な情報にアクセスできます。

チームメンバーである個人にアクセス権を付与するわけではないところに注意。

共有の直接設定

個人として必要な情報にアクセスできます。

一時的に特定の個人にアクセス権を付与することが多いです。ただし、永久に付与することも可能です。

また、ポイントとして所有者が自分より下の階層のレコードであれば、閲覧可能ですが、所有者が自分より上の階層の場合、「共有の直接設定」でも、そのレコードを見ることはできません。

ここはロール階層のほうがルールが強いということになります。

その他

条件に基づく共有ルールは、取引先、取引先責任者、キャンペーン、リード、商談、ケース、およびカスタムオブジェクトに対して作成できます。

今週のお題「雨の日の楽しみ方」ということで、雨の日にsalesforceの勉強をするのはどうでしょうか??

www.nakochi-log.com

salesforceの新機能について、まとめた記事も是非読んでみてください。