nakochi’s log

freeeのエンジニア。たまにモデル。

Google AdSense「お客様のサイトにリーチできません」。

この記事をシェアする

独自ドメインをとったらGoogle AdSenseにまず登録してみたい気持ちになりますよね、なります。

独自ドメインをせっかくお金を払って手に入れたのだから試せることは全部やってみたい、そう考えるのは私にとって当たり前の感情で。ましてや独自ドメインを設定するにあたってインフラの知識が必要になったというんだから知識を点から線になる可能性がどこにあるかわからない。

だから全部試す!!!!!!!

そして問題を乗り越えれば多分いいことがある、そしてしっかり問題に直面した。

回りくどいことを言うと、問題に直面するということに成功した。

物語シリーズ貝木泥舟の言葉を聞きながら書いているのでこんな言い回しになってしまう。ことを平面的に捉えてはいけない。

そして直面した問題はこちら。

お客様のサイトにリーチできませんと書かれた不合格の画像
お客様のサイトにリーチできません

いや、絶対にアクセスできるはずじゃんと思っていた。google analyticsがちゃんと動いているし、動いているということはアクセスできているし、同じところに書いてるんだからアクセスできないはずもないし、リーチできないはずもない、と。

google analyticsが動いていると言う事実がわたしの画面をしっかりみるという行為を怠ったのかもしれない。

そう、リーチできない理由がちゃんとあった。

よくよく見てみたらwww.nakochi-log.comhttp://nakochi-log.comに変換されていた。

なぜ入力したものがすぐ変わってしまうのか、それはきっとそういうサブドメインを削除するコードを実装しているのだろう。

それはリーチできるはずないなと転送、つまりリダイレクトできるようにした。

これでちゃんとリーチできるようになりました!設定してから20分くらい待ってもう一回チャレンジするとうまくいきます!

サイトにちゃんとリーチできたことを表している画面
うまくいった図

いやーよかったよかった。受かるか落ちるかは置いておいてとりあえずちゃんと申請ができた!!!

プログラミングのバグをデバッグしながら探しているような気分になれました。この画像を見たときの気持ちといったらもうすごいです。

今回私が得るべき教訓は、「コードは思った通りに動かない、書かれた通りに動く」

以上だ。